スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とまとさん / LANIKAI テナーサイズ

LANIKAI テナー ウクレレです、

弦の音はLOW-G良い音です、

購入はオハナです、さほど高いウクレレでは無いです6万円で購入しました。

短所、ピックアップマイクが電池式なので電池を入れると重たくなります又、電池を入れにくいです。

lanikai2ですがハーブ大田Jrさんとダニエルホーさんのサイン入りです、アプローズでライブされた時にサインをして頂きました。

とまと lanikai1
とまと lanikai2
スポンサーサイト

aecgさん / Kelii ソプラノサイズ

Kelii
ソプラノサイズ
1998年購入

ワタシにとって3本目のウクレレ。
当時唯一(と言って良かった)のウクレレ交流の場"TUI"というサイトの掲示板で、後に関レレで知り合うことになるTさんの情報を見て大阪の楽器店で購入。
Keliiが日本に入り出した頃の物で、ヘッドのマークやボディ無いのラベルが今のモデルとは異なります。
買って3年ぐらいしてから劇的に鳴りが良くなりました。

ボディはハワイアンコア単板のソプラノで、うっすらと虎目も入ってます。
12フレット辺りの各弦の間隔が他のウクレレに比べて少し広くなってますが、これはアルペジオをしやすくするためだという製作者のコメントをどこかのサイトか本で読んだことがあります。
ただその為、1弦と4弦が指板の端に寄ってしまっていて、慣れない内は1弦が指板から落ちやすいのが難点でした。

いかにもハワイ製って感じでボディが左右非対称だったり、表板とブリッジの間に隙間があったりと作りはアレな感じですが、一番長く手にしているウクレレで関レレ初参加時に持っていったものだけに愛着のある一台です。

KELII-1.jpg
KELII-2.jpg
KELII-3.jpg
KELII-4.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。